前へ
次へ

食の陰徳を積んで運命を良い方向へ向かわせる

運を良くしたいと思ったときパワースポットへ出掛けてみたり、神社へ行ったりお守りを買ったり、占いをしたりしますが、実はもっと身近でできることがあります。お金もかからなければ移動の時間もなく、自分一人でできる方法です。それは食を改めること、人間の運の良さと日頃の食事には密接な関係があります。当たり前のように1日に3回の食事をして、お茶や夜食など間食もして、お腹がすくすきを与えません。それが普通と考えてしまいますが、人間にとって常に満腹は体にとっては非日常です。空腹には耐えられるようになっていますが、過食をすることに人間の体は、柔軟に対応をすることができません。食べ物は動植物などの命のおこぼれを貰い、命のおすそ分けをしてもらっています。それが食べすぎていては、それ自体が罪になってしまうため、運がよくない時ほど食事を慎むことです。少食を続けて感謝を持つことで、陰徳を積むことになると言われています。

Page Top